Blog 動画翻訳

同一コンテンツを言語別に別のYouTubeチャンネルで運営する

同一コンテンツを言語別に別のYouTubeチャンネルで運営する方法

YouTubeのポリシーに抵触してしまう

最近よくこの様なご相談・お問合せをクライアント様ならびに皆様よりいただきます。
せっかくの機会ですのでこのタイミングでここまでお調べしたことを中心に共有いたします。

結論から申し上げますと現在のYouTubeのポリシーでは同一コンテンツを言語別に別のYouTubeチャンネルで運営する事は出来ない様でございます。

こちらのトピックはYouTubeのコミュニティでも関心が高い様で、多く議論されております。
ただこちらはポリシーに抵触する様でございます。
つまり現時点ではチャンネルを分けずに一つのコンテンツに対して複数の言語で字幕を付ける必要があります。

●コミュニティフォーラム
https://support.google.com/youtube/thread/3215500

https://support.google.com/youtube/thread/2270730

https://support.google.com/youtube/thread/2657826

 

どのように対応すべきか

現時点ではYouTubeのコンテンツに対して多言語字幕を用いる方法がベストの様でございます。

詳細は下記からも確認できます。

世界中の人に向けて発信できるチャンネルを作る

 

字幕を用いる事で同時にSEO対策にもなり、結果的に視聴数が増える可能性が増します。

Lokerでは単純な翻訳ではなく、SEOを踏まえて翻訳を行っております。

せひご質問があればいつでもご連絡ください。

失礼いたします。

-Blog, 動画翻訳

© 2022 Loker inc